キッチンリフォームの費用や相場について解説!少しでもお得にリフォームするために

キッチンリフォームの費用や相場について解説!少しでもお得にリフォームするために

キッチンのリフォームをしようかなと思った時、やはり気になるのはその費用ではないでしょうか。一体どれくらいでリフォームできるの?見積もりを依頼したけどこれって高いの?安いの?と、不安に思っている方も多いと思います。

今回は、キッチンリフォームの費用や相場について・費用の差が出るのはどんな所なのかなどについて詳しくご説明します。

また、少しでもお得にリフォームするためのポイントもあわせてご紹介しますので、ぜひ参考にして下さい。

キッチンリフォームの費用や相場について

最近のキッチンリフォームは、コンロ・シンク・収納設備などを1枚のカウンター(天板)で一体化した「システムキッチン」でのリフォームが主流です。

全てが一体化されているためデザイン性が高く、隙間や段差もないのでお手入れがしやすいというメリットがあります。また機能面においても進化しており、各メーカーのこだわりと工夫がいっぱいです。

リフォーム費用としては、50〜140万円程度が相場となっており、これには主にキッチン本体の商品代金と施工費(工事費用)が含まれます。

後ほどご説明するキッチンの形状・レイアウト・グレードの組み合わせと、間口(キッチンの場合では横幅)や追加オプションなどよって費用が大きく異なるため、価格帯が広くなっています。

キッチン本体の価格

参考画像:LIXIL シエラ

メーカーのショールームに行かれて、実物を見ながらプランの相談をして見積もりを依頼すると、出てきた金額に「えっ、こんなに高いの?」と驚かれることがあるかもしれません。が、これはあくまでも「メーカーの定価」です。

メーカーに直接ではなく、別途リフォーム会社に工事を依頼する場合は、ここから割り引いて販売されることが大半ですのでご安心ください。

「どこメーカーのどの商品をどこまで割引できるか」はリフォーム会社によって違ってきますが、各メーカーで定価が設定されているので、割引率の数字で比較がしやすい部分ですね。

ただし、割引率ではなく「いくらから」と参考価格が記載されている場合、プラン内容もチェックしてみて下さい。自分の希望(引き出しタイプの収納、薄型レンジフード、IHや食洗機付きなど)にカスタマイズすると結局高くなってしまうという事もあるので要注意です。

施工費

施工費とは、古いキッチンを撤去し新しいキッチンを組み立てて設置する工事費用のことです。定価というものがないので、リフォーム会社によって価格が変わってきます

一般的に標準工事として以下の内容が含まれていることが多いです。

  • 古いキッチンの解体・撤去・処分費用
  • 新しいキッチンの搬入・組立・設置費用
  • 既存の水道・ガス・電気・換気ダクトなどの接続工事

会社によって「標準工事」の内容も異なりますので、事前に「どこまでが標準工事なのか」「どこからが別途追加になるのか」を確認しておくと良いでしょう。

基本的に、こんな時は「追加工事」になることが多いです。

  • 今までガスだったが新しくIHにしたい
  • 古いキッチンを撤去した後に下地の補強工事が必要になった
  • キッチンの設置場所を移動する
  • 周囲の壁紙や床もあわせてリフォームしたい

また「キッチン本体は安くても施工費が他と比べるとちょっと高い」という場合もあるので、キッチン本体+施工費を含めたトータル費用でリフォームを考えることが大切です。

\ ご相談・お見積りは無料です /
お急ぎの際にはお電話でもOK!
フリーコール:0800-080-4309

キッチンの形状とレイアウト

参考画像:クリナップ ラクエラ

キッチンリフォームの価格帯が広い理由として、その多彩なスタイルが1つ挙げられます。組み合わせによって、リビング・ダイニングとのつながりを含めた全体の雰囲気も大きく異なり、リフォーム費用にも差が出てきます。

まずキッチンの形状とレイアウトスタイルについてご説明しましょう。

キッチンの形状は4つ

  • Ⅰ型:コンロ・作業スペース・シンクが横一列に並んだ最も一般的なキッチン。狭い場所にも設置することができ、人気の高いレイアウトです。
  • L型:作業スペース部分をL字型に曲げシンクとコンロが横一列になっていないキッチン。作業スペースが広いのがメリットです。
  • U型:コンロ、作業スペース、シンクをアルファベットのUの形(またはコの字型)に配置したキッチン。
  • Ⅱ型(Ⅱ列型):コンロ・シンクを2つに分け2列で平行に配置したキッチン。

壁付きスタイル

壁に向けて設置されたキッチンです。従来の一般的なレイアウトで、調理中は壁に向いているため作業に専念できます。

画像は壁付きⅠ型キッチンの施工例です。I型以外にも、L型・U型・Ⅱ型での設置も可能です。

シンクやコンロは壁側に配置し、ダイニング側にはカウンターなどを配置すれば、収納・作業台・間仕切りとして使うこともできます。

対面スタイル

リビングやダイニングに向けて設置されたキッチンです。キッチンで作業中でも家族とのコミュニケーションがとりやすいレイアウトで、大変人気があります。

また同じ対面スタイルのキッチンでも、吊戸棚のある/なしで開放感がずいぶん違ってきます。

施工例は吊戸棚のないセミオープンの対面Ⅰ型のキッチンです。

さらに、対面スタイルのキッチンの中でもオープンタイプと呼ばれるのは以下の2つになります。

ペニンシュラ

ペニンシュラは英語で「半島」という意味を持ちます。その名の通り、半島のように左右どちらかが壁付けされている対面キッチンをいいます。

キッチンの前に壁がないので、ダイニングやリビングとの一体感・キッチン本体の色やデザインを楽しむことができ、とても開放感があります。

施工例はペニンシュラⅠ型のキッチンになります。

アイランド

参考画像:LIXIL リシェルSI

島のように部屋の中央に独立している対面キッチンです。

大人数でもぐるっと囲むことができるレイアウトになっているので、自宅で料理教室などを開く場合などにはぴったりのキッチンです。

キッチンのグレード

各メーカーで複数のシリーズが発売されています。価格帯でスタンダード・ミドル・ハイの3種類程度にグレード(ランク)が分かれている事が多いです。(メーカーによってはグレードが2種類しかない場合もあります)

リクシルのシステムキッチンを例に見てみましょう。

スタンダード

リクシル システムキッチン シエラ

シエラ
参考:51~76万円

ミドルグレード

リクシル システムキッチン アレスタ

アレスタ
参考:68~141万円

ハイグレード

リクシル システムキッチン リシェル

リシェル
参考:82~221万円

※参考価格帯はリクシルのサイト(https://www.lixil.co.jp/lineup/kitchen/)より。主要サイズ:間口255cm・奥行き65cmの場合。

グレードの差は「機能の差」というよりは、扉材の高級感や多彩なカラー・こだわり素材のワークトップ(天板)など、そのカスタマイズ性とデザイン性の高さ・部材の質感の違いと言えると思います。

\ ご相談・お見積りは無料です /
お急ぎの際にはお電話でもOK!
フリーコール:0800-080-4309

少しでもお得にリフォームするためには

では、どうしたら少しでもお得にリフォームすることができるでしょうか。ただ安いだけではなく、満足のいくリフォームにするためにはどうしたら良いでしょうか?

おすすめ商品は何か聞いてみる

メーカーが特に決まっていないのでしたら、ご相談の際に予算と希望を伝え、どの商品なら1番お得になりますか?と、リフォーム会社のおすすめ商品を聞いてみましょう

各リフォーム会社、自社で1番コストパフォーマンス良く施工できる一押しメーカーの商品で提案をしてくれると思います。

本体・部材のグレードを下げてみる

一般的には、高いグレードのキッチンほど割引率が低くなる傾向があります。

希望のデザイン・仕様で予算内に収まらないのであれば、キッチン本体のグレードを下げて検討し直してみましょう。シンクやカウンターの素材など部材のグレードを下げるのも僅かですがコストダウンになります。

価格とデザイン、どちらを重視するか悩ましい所ではありますが、自分にとって満足のいくリフォームはどっちだろう?と、冷静に考えることも必要です。

満足できるキッチンリフォームは業者選びが肝心

自分が住んでいる地域で、キッチンのリフォームを得意としているリフォーム会社に依頼をしましょう。その会社の過去の施工実績を見てみれば、キッチンリフォームを得意としているかどうか大体わかると思います。

例えば、水回り(キッチン・お風呂・洗面台・トイレ)を専門に行っているリフォーム会社であれば、得意先から安く仕入れる事ができたり、設置工事も手馴れておりスムーズに工事が進むでしょう。

逆に水回りをあまり行ったことのないリフォーム会社の場合、仕入れ価格が割高になりがちだったり、施工内容によっては別の業者に外注することがあるために、コストもかさみ工期が長くなってしまったりします。

大手リフォーム会社の場合では、大手だから…となんとなく安心感がありますが、ダイレクトメールやネット上の広告費・営業マンの人件費・ショールームの展示商品代などの隠れたコストに加え、実際の現場の工事は下請け業者に回すことが多く、中間マージンが発生することで割高になる傾向にあります。

また、

  • こちらの質問に対して分かりやすく丁寧な説明をしてくれる
  • メリットもデメリットも両方教えてくれる
  • アフターフォロー(工事完了後に不具合が見つかった場合の対応・保証期間など)がしっかりしている会社を選ぶ

という事も忘れてはいけないポイントになります。

一般論なので「必ずそうだ」とは言い切れませんが、リフォームの依頼先を決める時に、こんな事も覚えておいていただければと思います。

キッチンリフォーム費用のまとめ

最後にここまでをまとめてみましょう。

  • キッチンのリフォーム費用は、50〜140万円程度が相場
  • 施工費用は各社バラつきがあるので、比較は内容も含め慎重に
  • メーカーにこだわりがない場合は、おすすめ商品の提案をしてもらう
  • 予算オーバーの時には、本体や部材のグレードを下げる事も検討してみる
  • 信頼できそうな、キッチンの施工が得意な会社にお願いする

以上、いかがでしたでしょうか?少しでもお得に予算内で希望通りのキッチンリフォームにするためのヒントになれば幸いです。

今お使いのキッチン、何かお悩みはありませんか?

リフォームに関するご相談は無料ですので、お気軽にお問い合わせください。