水回りリフォームの相場はどれくらい?費用を抑えて満足するための方法

水回りリフォームの相場はどれくらい?費用を抑えて満足するための方法

そろそろリフォームしようかな?と思った時にまず気になるのは、どれくらい費用がかかるのかという点ではないでしょうか。

また「なるべく費用を抑えて希望通りのリフォームにしたい」と誰もが思うはずです。

今日は「水回りリフォームの相場」や「費用を抑えて満足のいくリフォームにするための方法」について、水回りリフォームのプロからのアドバイスをいくつかご紹介します。

水回りリフォームの相場

水回りとは、一般的にはキッチン・お風呂・洗面所・トイレの4箇所を指します。

ひとことで「リフォームの相場」といっても、お住まいの地域・選ぶ設備のグレードやサイズ・仕様によって価格帯が大きく変わってきますが、ある程度の相場が分かれば極端に安い・高いプランを提案してくるリフォーム会社に「何かおかしいぞ」と気づくことができます。

キッチンのリフォーム

キッチンのリフォーム費用は、50〜140万円程度が相場となっています。キッチンの交換は、商品のグレードやキッチンのレイアウト・サイズで価格が大きく変動しますが、各メーカーのスタンダードクラスのキッチンで設置場所の移動をしなければ、おおよそ100万円以内に収まるでしょう。

壁付きのキッチンを対面やペニンシュラにしたりと、レイアウトが変更になる場合は、追加工事が必要となり費用は高くなります。

お風呂のリフォーム

お風呂もサイズやオプション内容で価格が変わってきますが、一般的なユニットバスからユニットバスへのリフォームで50〜100万円程度が相場です。在来工法からユニットバスへのリフォームの場合は、既存設備の解体作業の費用がかかるので70〜120万円程度が相場となります。

洗面台のリフォーム

洗面台のリフォーム費用は、15〜40万円程度が相場となっています。手洗いのみの「洗面台」としてのリフォームは少なく、鏡と鏡裏収納・小物を入れる棚などが一体となった「洗面化粧台」としてのリフォームが一般的です。

トイレのリフォーム

トイレのリフォーム費用は、洋式から洋式へのリフォームで20〜55万円程度が相場となっています。近年ではウォシュレットなど温水暖房便座がほぼ標準装備となり、タンクレスへのリフォームも増えてきました。また、トイレ本体のリフォームと一緒に壁紙や床も併せてリフォームされるお客様も多いです。

\ ご相談・お見積りは無料です /
お急ぎの際にはお電話でもOK!
090-6027-2819
営業時間 8:30 ~ 18:30

水回りリフォームで費用を抑えるためには

水回りリフォームで費用を抑えるためには

水回りリフォームの相場についてお話ししましたが、ではどうしたら少しでもお得にリフォームをすることができるでしょうか?

相見積もりを行う

「相見積もり」とは、複数の会社からそれぞれ概算での費用明細を出してもらい、金額や工事内容などを比較することをいいます。キッチンやお風呂など商品本体については各メーカーの定価がありますが、リフォーム工事費用には定価がないので、プランの提案内容や工事費用は各会社によって異なります。

1つの会社に見積もりをお願いして、そこで決めてしまうのはもったいないです。見積もりは無料という会社が多いので、お住まいの地域のリフォーム費用の相場を知るためにも、ぜひ2~3社程度は見積もりを依頼してみてください。

ですが、あまり多くの会社に見積もり依頼をすると、立ち合いの現場調査(見積もりを出すためにリフォーム会社の担当者が自宅に来て現場の状況・サイズなどの確認をします)の回数も増えますし、最終お断りするのも大変ですのでご注意ください。

以下、相見積もりをとる時のポイントをご紹介します。

見積もりの条件は揃える事

希望するリフォーム内容(ガスからIHに替えたい・ビルトイン食洗機が欲しいなどの仕様)・予算などの条件は統一して相見積もりをして下さい。この部分が変わってしまうと、大きく費用が変わってしまい正しく比較できなくなってしまいます。

相見積もりをしていることを伝える

具体的に、どこの会社に見積もりを依頼しているか・金額はいくらだったか。など細かく伝える必要はありませんが、相見積もりをとって他社と比較・検討している事は伝えましょう。

どこの会社も「より良いプランを適正価格で」と、提案に力を入れてくれると思います。各社のアイディアや提案力も比較して下さい。

セットでリフォームするほうが安くなる

キッチン・お風呂・洗面台・トイレの中から「3点セット」「4点セット」など、水回りリフォームのお得なセットプランを用意している会社が多く、これは商品と標準工事費用をあわせたパック料金となっていることがほとんどです。

セットプランがなくても「キッチンだけ」よりも「キッチンと洗面台」のように、数か所をまとめてリフォームすると、セット割引として工事費用を割引してくれる場合もあります。

まずはセットプランがあるか・セットプランがなくても、まとめてリフォームした時に割引があるかをチェックしてみてください。

設置する場所を移動しない

水回り設備の移動(移設)には、給排水管・排気ダクト・電気配線などの移動工事を伴うことが多く、古い設備があった場所の壁面・床などの補修工事とその材料費も追加になるので、それだけ費用がかかってしまいます。

どうしても移動する必要がある場合には、リフォーム会社に相談してみましょう。なるべく費用を押さえて希望も叶う、プロ目線のプランを提案してくれるかもしれません。

設備本体のグレードを下げる

1番分かりやすく、大きくコストダウンできる方法です。

例えばキッチン。どこのメーカーでもグレード(価格帯)の違うキッチンのシリーズをいくつか出しています。弊社でも大人気のリクシルのキッチンを例に見てみましょう。

スタンダード

リクシル システムキッチン シエラS

シエラS
参考:57~75万円

ミドルグレード

リクシル システムキッチン アレスタ

アレスタ
参考:75~146万円

ハイグレード

リクシル システムキッチン リシェル

リシェルSI
参考:94~229万円

※参考価格帯はリクシルのサイト(https://www.lixil.co.jp/lineup/kitchen/)より。主要サイズ:間口255cm・奥行き65cmの場合。

設備本体のグレードを落とすと、標準機能、オプションとして追加・変更できる内容(キッチンだと扉の色など)の選択肢の幅に差が出るため、カスタマイズ性やデザイン性はやや落ちますが、これだけは外せないという項目とリフォーム費用とのバランスをうまく調整できた時は、コストパフォーマンスの良いリフォームが可能です。

アフターフォローまでしっかりチェック

設備本体にはメーカーの保証がついていますが、リフォーム工事の部分には保証をつける法的な義務がありません。工事保証がない・工事保証期間が短い場合は、それを過ぎてから発生した不具合の補修は別途有料となります。

必ず見積もりの段階で、アフターフォローや工事保証の有無・内容をリフォーム会社に問い合わせて確認しておきましょう。

\ ご相談・お見積りは無料です /
お急ぎの際にはお電話でもOK!
090-6027-2819
営業時間 8:30 ~ 18:30

費用を抑えて満足するためのまとめ

さて「費用を抑えて満足のいくリフォームにするための方法」について、いくつかのポイントをご説明してきましたが、最後にまとめてみましょう。

  • 2~3社ほど相見積もりを行い、地域の相場を知る
  • リフォームするなら数か所まとめてお得に
  • なるべく設置する場所を移動しない
  • 設備本体のグレードを下げる事も検討してみる
  • 設置後の工事保証の期間や内容を確認しておく

上記を踏まえれば、なるべく費用を抑えて満足にのいくリフォームにつながるはずです。「あの時費用をケチらないで、こうしておけばよかった…」と後悔のないように、じっくりご検討ください。

毎日使うキッチン・お風呂・洗面台などの水回り。毎日使う場所だからこそ、いつも気持ちよく使いたいですよね。

リジョイ リフォームでは、お客様のお悩みに合わせた最良のプラン提案・適正価格での施工・10年の無料工事保証をお約束させていただきます。

ご相談・お問い合わせ、お待ちしております。