キッチンリフォームのタイミングは?キッチンの寿命とリフォームの見極めポイント

キッチンの寿命 リフォームのタイミング

コンロもシンクもまだ使えるけれど、傷も汚れも目立つし…。我家のキッチンもそろそろリフォームを考えたほうが良いのかな?とお悩みの方に、一歩踏み出すための「リフォーム見極めポイント」をご紹介しましょう。

リフォームのきっかけは何ですか?

  • 「キッチンが汚くなったから」
  • 「機能が古くなったから」
  • 「設備が壊れたから」
  • 「中古物件を購入したから」
  • 「デザインが好みではないから」
  • 「キッチンが使いにくいから」
  • 「収納しづらい・収納が足りない」

お客様に伺うと、リフォームのきっかけはこんな理由が多いようです。

リフォームするベストなタイミングは各ご家庭で変わってきます。設備の劣化具合、今のキッチンで悩んでいる事・困っている事、生活スタイルの変化など、様々なことがリフォームのきっかけになっています。

キッチンの寿命

キッチン本体の耐用年数は10~20年くらいと言われていますが、システムキッチンには様々な設備が組み込まれているので、一概に何年で寿命とは言い切れません。

各設備の日頃のお手入れ、使用頻度などによってもキッチンの寿命は変わってきます。

現場を見ていると、キッチン本体よりも組み込まれている設備(ガスコンロ・IH・食洗機・レンジフード・水洗など)のほうが、耐用年数がキッチン本体より短いこともあり、経年劣化によるトラブルが先に出てくることが多いです。

具体的には、長年の油汚れなどが蓄積され、レンジフードがうまく機能しない(ファンが回らないなど)といった事や、シンクと天板の間のコーキングの劣化が原因の水漏れ、開き戸のガタつき(うまく扉が閉まらない)・丁番や取っ手が壊れてしまうなどがあります。

\ ご相談・お見積りは無料です /
お急ぎの際にはお電話でもOK!
090-6027-2819
営業時間 8:30 ~ 18:30

タイミングの見極めポイント

ビルトインの設備が壊れてしまった

IHのボタンがうまく反応しない・レンジフードからの異音・食洗機が途中で停止してしまう… そんな場合は放置せず、点検/修理が基本です。まずは取扱説明書を読んで、故障かどうかのチェックをしてみましょう。自分では判断がつかない場合は、一度メーカーに問い合わせ見ることをお勧めします。

メーカー保証期間内だったから修理をしてもらった。取説を読んで掃除をしたら直った。異常があった時は使い方を間違えていた。という事であれば、まだ使い続けることができます。が、使用年数と使用頻度に応じて故障率は高くなります。

キッチンを使い始めて10年以上を経過している場合の内蔵設備類の故障は、リフォーム検討ポイントの1つと言えるでしょう。

自分で直すことは

例えばガスコンロ。古いキッチンで据え置きタイプのガスコンロであれば、家電量販店で新しく買ってきたものと交換すればOKですが、システムキッチンの場合はそう簡単にはいきません。

もちろんホームセンターで工具を買ってきてDIYで交換可能なものもありますが、基本的にはキッチン本体への取り付け/取り外し、電気・ガス・給排水管などの配管工事なども含め、知識や専用工具のない素人には「壊れた部分だけを自分で交換」するのは、なかなか難しいです。※特定の工事は有資格者が行う必要があります。

壊れた部分だけの交換

キッチンを丸ごとリフォームするのが予算的に難しい場合には、部分的に交換をしてくれる施工会社を探しましょう。壊れた部分だけの設備購入+施工費ということであれば、キッチン交換よりは安く済むはずです。

ただし、壊れたパーツ・使用年数にもよりますが、不具合は複数・同時期に出始めることもあります

1か所直したら今度は別の場所が調子悪い…という事もあるため、応急処置として部分的に直すのか、新しいキッチンにリフォームするのかの判断は難しい所です。

キッチンの進化

近年のシステムキッチンはある程度「完成」されており、家電製品のように1~2年で劇的な進化をするようなものではありません。それでも十数年という長いスパンであれば、やはり使われる各素材や機能は着実に良くなっており、リフォームを検討してみる1つのポイントです

例えば人造大理石。昔は「耐熱性があまりないため、熱い鍋を置くと変色するのでNG 」と言われていましたが、現在キッチンで使われている人造大理石は耐熱性も向上しています。※メーカー・素材により差が出ます。

施工事例のように、シンク・天板(ワークトップ)・扉を含めたキッチン全体のカラーコーディネートも可能。天板からシンクへと隙間なく滑らかに加工されているため、汚れや水がたまることが少なく、綺麗に使い続けることができるようになっています。

他にもガスコンロやレンジフードなども、昔と比べるとお掃除が楽になるような工夫がされており、リフォームをきっかけに「キッチン周りのお掃除が楽になった」というお客様の喜びの声も多いですね。

生活スタイルの変化

生活スタイルの変化と共にキッチンの使いやすいスタイルも変わってきます。

子供が産まれる・家族が一緒にキッチンに立つようになった・子供が成人して家を出た・親と同居することになった・自宅で料理教室を開くようになった…など、家族の成長・生活の変化に合わせてキッチンのあり方を見直してみるのも1つのポイントです。

まとめ

参考画像:タカラスタンダード リフィット

これまでリフォームの見極めポイントなどをご説明してきましたがいかがでしょう。ご自宅のキッチンはそろそろ「リフォームのタイミング」でしょうか?

毎日何度も使う場所であるからこそ、不満を抱えたまま使い続けるのではなく、現状の不満・リフォーム以外での改善方法はないか・リフォームするならどんな風にしたいかなどのリストアップをしてみませんか?

リジョイ リフォームではリフォームに関するご相談・お見積りは無料です。お気軽にどうぞ。